自分のキャパシティを正しく見積もる

皆さま、ごきげんよう
かえるcafeです。

人は無限の可能性がある。あなたにも、わたしにも。
為せば成る、為さねば成らぬ、何事も。
やればできる。
I can do it!

すばらしい言葉です。私を含め、何かを成し遂げようとする人たちに勇気
を与えてくれます。
でも。これだけが現実じゃないですよね。
実際には出来るときと出来ないときがある。
私が学生のころ、よくあったことです。
新しい問題集を買ってきまして。
この問題集はとても評判がよくて、1冊終わる頃には素晴らしい実力がつくらしい。という話です。
新しい本ですから、買った私も気分が盛り上がっているわけです。
そして、学習計画などを立てます。
「毎日1章、問題を解くぞ。24章あるから、1ヶ月後には実力がUPするはず!」
1日目は1章をクリアします。
2日目もなんとか。
3日目あたりに息切れしてきまして・・・
1週間たつころには、やったりやらなかったり。
実力がついているはずの1ヶ月後には、文字通り「積ん読」状態で全く開かなくなっております。

。。。というようなこと。私は懲りもせず何度も繰り返しました。
私の「新しい問題集で成績アップ計画」は失敗に終わるわけですけど、
これの何が問題なんでしょうか・・・

考えられる要因として、
 問題集が実力に見合っていなかった
 もともと飽きっぽい性格で、努力が嫌いだ
 そもそも勉強が嫌いで、勉強する気がない
・・・等の身も蓋もない理由も考えられますけど、ここはおそらく
 勉強の計画に無理があった

これが最大の理由ではないかな、と思うわけです。
無理な計画→達成出来ない→あきらめる
という単純な図式です。

こういう経験は私だけじゃないと思うのです。
読者のみなさまにも、わかるわかる!!と賛同いただける方がいらっしゃると思うのです。

今回は私の勉強計画でそのまま話を続けさせていただきますね。
さきほど「無理な計画→達成出来ない→あきらめる」という図式を示しましたが、最初の「無
理な計画」を立ててしまったのはなぜか?という疑問を解決することが、この「問題集放置問題」の解決につながりそうです。

この「無理な計画」をたてたのは誰かというと、他でもない私自身です。
でも。問題集をうっちゃっている「現在の私」ではありません。
「新しい話題の問題集を買って、やる気に満ちあふれ、高揚した私」です。
言うなれば、エネルギー満タン、チューニング完了。ベストな状態。
この状態ならい1日1章の問題を解くことは充分可能なのです。
その証拠に1日目はきちんと1章やってますよね。

でも、私はいつでも完全充電が可能なマシンではないのです。
調子が良いときも、悪いときもある。
つまり、「無理な計画」を立ててしまった原因は、
「ベストな私」を基準に計画を立てたから。
「ニュートラルな私」が基準だったら、2日で1章がちょうどいいのかもしれない。
そうしたら、2ヶ月で1冊がニュートラルな私に見合ったゴール設定かもしれない。
調子が上がった日は多めに、悪い日は少なめにしても、毎日の学習量に多少の差はあれ
ど計画から近いところでゴール出来たでしょう。

「出来るか出来ないか。ニュートラルな自分の実力で見積もろう。ベストの自分は通常の実力以上」

学生生活を終えて学習計画をたてなくなっても、このベストで見積もる癖は顔を出します。

たとえば。
①自分のキャパシティをぎりぎりの仕事を背負い込んでしまう。

②無理がたたって体調を壊してしまう。

③結果的に同僚に迷惑をかけてしまう。

④信頼を取り戻すため、少々キツめな仕事も請け負ってしまう。

②に戻って無限ループ

とか。

よくあることだと思うのですが・・・
がんばれば出来る仕事量は「ベストな自分」用です。
それは期間限定、常にフル充電ではいられません。
ニュートラルな自分の実力で仕事量を請負いましょう。
それを続けることが、ニュートラルな自分を大きくすることに繋がります。
これこそ長く仕事をする上での信頼を得る近道です。

マインドフルネスって何?

マインドフルネスって何?

ごきげんよう、かえるcafeです。

かのスティーブ・ジョブズ氏もGoogleの社内研修も取り入れているという「禅-ZEN-」。

あるものをあるがままに感じる。

暑さ寒さも「自分は今、暑い(寒い)と感じているな」と、捉える。

喜怒哀楽も「自分は今、喜んで(怒って)いるな」と、捉える。

そこには善悪、美醜、真偽すらも無く、すべての事柄はジャッジされない。

自分の感覚をただ、客観的に観察する。

あるものをあるがままに捉え、受け入れるだけ。

マインドフルネス瞑想は、この禅の考え方と出発点を同じくする瞑想法です。

マインドフルネス瞑想の効果

-ストレスをなくす
-幸福感を上げる

私ははじめて「マインドフルネス瞑想」と聞いたとき、

またアヤシイものが流行りはじめた…と思った事を正直に告白します。

しかし話題になるという事は何か理由があるはず。

マインドフルネスを勉強したところ、特にアヤシイものではありませんでした。

きちんと医学的な効果も報告されており、国内外の臨床現場で使われています。

喰わず嫌いはいけませんね。

瞑想と言っても難しくはありません。

まず、リラックスして座り、目はうっすらと開けます。見えるものは見えるままに。

全身の感覚を感じ、ゆったりと呼吸を感じます。

手の感覚、足の感覚、呼吸、周囲の音など。

すべて「今、ここで起こっていること」を、あるがままに感じます。

頭の中に思考がよぎっても、考えたり、無理に打ち消したりしません。

ただ、頭の中に思考が流れるにまかせ、またそのことを感じます。

思考が巡って、その思考に囚われてしまうなら、その雑念に「雑念」と心で唱え、手放します。

雑念は、 「今、ここで起こっていること」ではありませんから。

そしてまた、呼吸や体の感覚に意識を戻します。

あるがままを受け入れていくと、時間は静かに穏やかに時間が流れていきます。

時間は5分でも10分でも構いません。もちろん、もっと短くても長くても。

慣れた方は30分くらいとか?

時間がきたら、そっと目を開けます。

あなたは瞑想後のすっきりとクリアになった頭で、目に映る世界を見ることになるでしょう。

この目の前の景色こそが「今、ここで起こっていること」です。

禅寺で座禅を組むのは敷居が高いけれど、マインドフルネス瞑想なら日常に取り入れやすいです。

たくさんの本が出ていますので、ご興味のある方はご覧になってみてください。

私もいくつか読んでみましたので、参考までにご紹介します。

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門
吉田昌生 WAVE出版 (2015/1/19)
★瞑想CDが付いており、3~10分程度の瞑想をガイドしてくれます。日々の瞑想に使いやすいです。

実践!マインドフルネスー今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン 注意訓練CD付き
熊野宏昭 サンガ (2016/9/1)
★医師であり臨床心理士である著者による本格的な、かつ簡潔な入門書です。理論的で理解しやすいです。

かえるcafeでできること、できないこと

かえるcafeでできること

  • 心理カウンセリングとコーチング
  • クライアント様とお話しをすること
  • クライアント様のサポートをすること
  • 秘密を守ること。クライアント様のことは外部に一切漏らしません

かえるカフェでできないこと

  • 医薬品、各種サプリメント等の紹介、販売
  • 健康保険ほか各種保険は使えません
  • クライアント様の代わりに「行動」すること

かえるカフェは医療機関ではありません。また、心理カウンセリング、コーチングは医療行為ではありません。現在、精神科・心療内科に通院されている方、投薬を受けている方は主治医の方にご相談ください。

また、ご相談内容がカウンセリング、コーチングの範囲を超える場合にはお断りすることがございます。医療、法律、行政機関等へのご相談をおすすめする場合もございます。

はじめのご挨拶

はじめまして、かえるcafeです。

かえるカフェは、毎日を自分らしく生き生きと暮らすお手伝いをするところです。

心理カウンセラーとメンタルコーチが所属しており、皆様の毎日をニコニコとゴキゲンで彩るために活動しています。

ここに来て、すこしほっとしたり、元気になったり、笑顔になったり・・・そんな場所を目指しています。

目標と目的 その違い

目標と目的 その違い

 

皆さまごきげんよう、かえるcafeです。

こんな風になりたい。こんな事をしたい。

そう言って目標を決めたとき、私はとてもワクワクします。

たとえば、○kgやせたい!

たとえば、○○万円貯金したい!

たとえば、英語が話せるようにしたい!

 

やる気にあふれ、ジムに入会したり、節約に励んだり、新しい教材を買い込んだりします。

はじめのうちは。

 

そして数日、数週間、数か月…

時が流れていくと、最初のやる気はどこへやら。

ジムは幽霊会員になり、節約は忘れ、教材もホコリをかぶります。

いつか目標は「かつて目標だったもの」となり…

そして。ワクワク感は諦めと挫折感にかわっています。

なんて悲しく、虚しいのだろう…

 

 

私ほど酷くないにしても、「そうそう!」と同意して下さる方もきっといらっしゃる!と思います。

 

これ以上、悲しい思いはしたくない!

そのためには「目標」ではな「目的」を思いださなくてはなりません。

 

「目標」と「目的」は何が違う?

 

目標と目的はとても近い言葉ですが、意味はかなり違うのです。

大きな目的を達成するために、わかりやすい小さな目標を作ります。

その目標をを達成したら、次の目標へ。

それを繰り返すことによって、大きな目的に近づけるのです。

目標は大きな目的を達成するためのマイルストーンと言えるでしょう。

 

目標は大きな目的のマイルストーン

 

たとえば、貯蓄をしたい人(仮にAさん)がいたとします。

Aさんは毎年100万円を貯金し、5年間で達成しようと考えました。

きちんと節約生活をすれば何とか達成できそうな計画です。

 

1年目は達成できました。貯金は100万円になりました。

2年目も節約生活が続きます。

途中、Aさんは欲しいものが出てきました。

Aさんはがまんしました。

500万円貯めるという目標があるからです。

 

3年目もAさんは贅沢しません。

欲しいものを諦め、こつこつ貯金に励みます。

これが5年間続くのです。

Aさんの貯金は増えつつあるものの、日々の生活が虚しくなってしまいました…

 

Aさんが達成したいのは500万円の貯蓄だったはず。

しかし、それもだんだんと色褪せて感じられます・・・

 

「目標」を続けるのがツラくなるのは、時と共に色褪せていくから

 

ここで、Aさんに目的をもう一度考えてもらいましょう。

設定した目標は「500万円の貯蓄」でしたね。

これをもう少し掘り下げてみましょう。

Aさんは500万円を貯蓄することで、何をしたかったのでしょうか。

 

実はAさんは500万円をマイホームの頭金にしたかったのです。

Aさんはマイホームを購入して、どんな生活をしたいのでしょう?

 

テラスで花を育て、かわいい犬を飼って、天気の休日は庭でランチを。

時には友達を呼んでホームパーティーをして。

Aさんは、そんなオシャレな生活をしたいのです。

これは「マイホームを持つ」は手段であり、さらに上の目的「オシャレな生活」があるということ。

 

Aさんはこんなオシャレな生活をしたら、どうなるでしょうか?

プライベートが充実することで、仕事でも良いアイデアがたくさん出ます。

公私ともに充実して、生き生きとして、満足感でいっぱいの毎日に!

つまり「オシャレな生活」より、さらにもう一つ上の目的は「充実して生き生きして大満足!」

 

こうやって、目標と目的は階層になっています。

目標はさらに高次の目的を達するための手段なのです。

 

「目標」と「目的」は階層になっている

 

具体的な目標は思いつきやすいです。それはとても身近だから。

目標を持った時、なぜその目標を達成したいのか、

その目的をもう一度考えてみてください。

それが叶ったら何をしたいのか、何ができるのか、

ひとつひとつ階層を上って、一番上の目的まで探してみてください。

 

「目標」と「目的」をはっきりさせよう

 

あなたが決めた目標を達成するまでの間には、様々なアクシデントがあるでしょう。

10万円のコートが欲しくなるかもしれないし、

もっと違うやりたい事が出てくるかもしれない。

病気で入院するかもしれないし、社会や経済の変動もあり得ます。

 

そんな時でも、階層を上り、一番上の目的を思い出してください。

それさえあれば、手段としての目標は何度でも変更できるのですから。